アレルギー性鼻炎・結膜炎(花粉症)の論文を読む 

注意事項

 

アレルギー性鼻炎の方:鼻の中に赤い塗り薬(紫雲膏)をたっぷり塗ってください。

結膜炎で痒みのあるの方:点眼薬は不要です。大量の水道水で洗浄してください。

アレルギー性鼻炎・結膜炎(花粉症)

そもそも花粉症とは何なのでしょう?花粉症とはアレルギー性鼻炎やアレルギー性結膜炎のことです。花粉症というと、まるで花粉が責任であるように聞こえますが、花粉は単に化学物質であるディーゼルエンジンから排出される排気ガスの微粒子やその他の様々な大気汚染化学物質を運搬しているだけにすぎないのです。真実はこのような微粒子や化学物質が花粉の蛋白と結びついて、鼻腔の粘膜や目の結膜から侵入するときに人体の免疫機構はこれらを異物と認識して排除しようとするときに鼻や目に生じる症状にすぎないのです。敵は決して花粉ではなくて、花粉と結びついた化学汚染物質であることを知って下さい。この化学物質をハプテンといい、花粉の蛋白をキャリア蛋白と言います。つまり、鼻や目から入ってくる大気に含まれる環境汚染物質を排除する働きであり、決して花粉の蛋白を排除しようとしているのではありません。

何故アレルギー性鼻炎やアレルギー性結膜炎は増えたのでしょう?文明の高度な発達と共に大気を汚染する自動車排気ガスや工場廃棄物や大気に飛散している農薬をはじめとする様々な化学物質が極めて多く作り出されるようになり、空気と一緒に鼻や目の粘膜を通して体内に侵入するようになったからです。

何故アレルギー性鼻炎やアレルギー性結膜炎は完治するのでしょうか?アレルギー性鼻炎の患者は鼻の粘膜に侵入してくる汚染物質をわざわざクシャミをしたり鼻水を出したり鼻を詰まらせたりして異物を体内に入れまいとして体外へその異物を排除しようとします。アレルギー性結膜炎の患者は目が痒くなったり、涙を流したりして体内に入れまいとしているのです。異物である敵は無限に空気から入ってくる化学物質であり、それを排除する武器は有限であるIgE抗体であります。排除しても無限に繰り返し入ってくる化学物質を永遠に排除することは不可能であり、有限は無限に絶対に勝つことはできないからです。ただ戦いの際に見られる鼻や目の症状を免疫を抑制せずに楽にするだけで体の粘膜中で起こっている異物を排除するアレルギー性鼻炎やアレルギー性結膜炎の戦いは敗北に至ります。つまり体の中でIgE 抗体がいずれ作られなくなってしまい、空気汚染環境との戦いに負けて環境と共存せざるを得なくなり、最後には症状は自然と消滅してしまうわけです。この原理を私は自然後天的免疫寛容と名付けています。つまり、出し切れない化学物質は戦いをやめさせるサプレッサーT細胞と結びついて、インターロイキン10やTGF-βというサイトカインを出して、先天的な免疫の働きを止めてしまうのです。昔も天然の空気中に含まれる化学物質に対してアレルギー性鼻炎やアレルギー性結膜炎を起こす人もいましたが、放っておけば自然に治ったものです。これはまさに人は知らずして人体が自然後天的免疫寛容をやり遂げていたのです。これを私は進化論的免疫寛容と呼んでいます。つまり、大量に入ってくる天然の化学物質は全てサプレッサーT細胞と結びつくことによって戦いをやめ、共存するようになったのです。 

ところでアトピーとアレルギー性鼻炎・結膜炎とは全く別の疾患だと考えている患者さんが沢山います。しかしすでに述べたように本質は同じであり、ただ単に異物を吐き出す場所が違うだけです。従って厚生省はこの事実をはっきりと認めアレルギー科の標榜を許したのであります。

そのメカニズムを説明しましょう。アレルギー性鼻炎の戦いの場である鼻粘膜やアレルギー性結膜炎の戦いの場である目の粘膜というのはほんの数平方センチメートルですが、アトピーの戦いの場である皮膚は大人の場合3平方メートル以上もあり、鼻粘膜や目の結膜の1万倍以上の広さがあります。炎症が一度このように広い皮膚で起これば、人間の免疫細胞やIgE抗体は全て皮膚に集まり、鼻の粘膜や目の結膜にあった僅かな炎症細胞も皮膚に引き寄せられて極めて簡単に鼻や目の炎症が消滅してしまうのです。つまり皮膚で使い尽くされるので鼻の粘膜や目の結膜で使われる余地が無くなり、鼻や目の症状が全く無症状になり最後は全てのアレルギーが完治してしまうのであります。

ただここで付け加えておかねばならないことがあります。実はいわゆる花粉症といわれる花粉に運ばれる化学物質は、長い間ステロイド入りの点鼻薬や点眼薬を用いてきた患者さんは自然後天的免疫寛容が起こりにくい訳があるのです。自然後天的免疫寛容が起こるのは、サプレッサーT細胞が花粉に運ばれる化学物質と結びついて初めて戦いを終わらせるインターロイキン10やTGF-βというサイトカインを出して、ヘルパーT細胞に免疫反応を起こさないように命令することによって生じます。ところが花粉症は1年に1ヶ月あるかないかの春や秋の花粉が飛散するシーズン中の花粉との出会いで生じます。ところがサプレッサーT細胞は極めて少ないT細胞ですから、十分な花粉が人体に侵入しなければ短期間ではサプレッサーT細胞と結びつく可能性が極めて少ないのです。さらに、花粉症の治療でステロイドを使ってこない患者さんは、滅多に当院に来られることはないので、長年使ってきたステロイドの離脱症状が前面に強く出てきます。抑え続けてきた免疫反応は1シーズンだけでリバウンドし尽くすことはできないのです。今まで抑え込んだアレルギー反応は1シーズンが終わった後も残り、出し尽くすのに何シーズンもかかることがあるのです。

ここで慢性副鼻腔炎について追記しておきます。慢性副鼻腔炎も正しくはアレルギー性副鼻腔炎と呼ぶべきものです。鼻腔からさらに奥にある4つの副鼻腔に侵入したアレルゲンが副鼻腔の粘膜に付着し、それを排除しようとして粘膜に炎症が起こります。その粘膜に細菌やカビが付着するといわゆる蓄膿症になっていくのです。これはちょうどアトピーで皮膚に傷がつくとブドウ球菌が付着して膿痂疹になるのと同じメカニズムです。従って蓄膿症というのはアレルギーと感染症が同時に起こっている症状といえます。

なぜこのような蓄膿症が起こるかというと、アレルギー性鼻炎で外へ異物を出すのを抑える治療をやるものですから、そこで排除できなくなったアレルゲンがさらに奥の副鼻腔に入り、アレルギー性副鼻腔炎となり、さらに傷に細菌が付いて蓄膿症となるのです。

最後に一言。どのようにアレルギーを治し、どのような薬の副作用があるのか、さらに対症療法であるのか根本治療であるのかを医者は患者に説明すべき時代になっていると私は考えます。正しい医療は、治さなければお金を払う必要はないという医療です。このような正しい医療が行われれば製薬メーカーや医者は減りますが、皮肉なことに病人も減るでしょう。