「20年来の鼻炎を治してもらって」 五百井 澄子 65歳

 松本先生に出会って鼻が生き返りました!

 アレルギー性鼻炎になってから足掛け20年位になります。(私の漢方煎剤による治療にかかり免疫を抑制せずに症状だけを楽にすれば、同じアレルゲンとの戦いに敗れ自然後天的免疫寛容を起こして根治してしまいます。ところが現代の鼻炎の治療は全て一時的に免疫を抑制することによって、結局はIgE抗体が蓄積され上昇するだけですから、このように20年以上も続けてもひどくなるばかりなのです。)季節の変わり目には必ず耳鼻科に行き、1週間分の薬を貰っていました。去年の(平成10年の)10月鼻炎経由風邪を引き2〜3週間かかり、又今年の2月頃風邪を引いて1ヶ月も治らず(このように毎年症状が悪くなっていくのです。)私の身体に衰えを感じていましたところ、高槻の友達が松本医院に行かれ血圧が下がり身体の調子も良くなられたと聞きまして、紹介していただきました。(血圧も漢方煎剤と共に降圧剤を服用すれば、血圧が下がるのみならず、体調も良くなります。)

 以前に、誰から聞いたか分かりませんが、漢方は新薬のように早く効かないとか、長い期間飲むことで徐々に良くなると聞いていました。(これは大きな誤解です。風邪などは1日の漢方煎剤で完全に治すことが可能です。正しくは、”現代医学で絶対治せない病気を治すのに時間がかかることがある”と言うべきです。東洋医学が現代医学に負けるのは、ただ4点だけです。抗生物質と降圧剤と胃潰瘍剤と補充療法のためのホルモン剤だけです。勿論、外科については東洋医学は完敗です。)ところが824日に寄せていただき2週間分薬草を貰って煎じて飲みました。体は温まり、汗がよく出て体調も良くなりました。

 9月の中ごろ、急に気温が低くなり、いつもなら鼻水・クシャミが出るのに何事もなく終わり、そして10月に入って風邪も引きましたが5日程で良くなり、大変な変わりようで喜んでいます。(いかに素早く漢方煎剤が鼻炎の症状を取ってくれるかがお分かりになったでしょう。)

 現在アレルギー性鼻炎が出ないのは、松本先生のお陰と感謝しています。

平成111115