「アレルギー性鼻炎の快方に向かって」 尾上  勝彦 60

去年の8月始のある日突然、クシャミ、鼻水、鼻ずまりが始まりました。以前から夜中に目が醒めて寝られない事が良くあったのですが、無理に寝ようとせず、本を寝床で読んでいたのですが、その時が特にひどい状態となりティッシュペーパーの山が築かれます。また朝食の前後は必ずクシャミ、鼻水がかなり出ていました。昼間も何時発作が起こるか判らない状態でいつも大量のティッシュペーパーを持ち歩いていました。

9月の終わりに市内の耳鼻咽喉科の医院を訪ね、抗アレルギー薬を処方してもらう。2錠/日ということだったのですが、1錠/15日でも効いていたので、そのペースで飲み続けていたのですが、だんだん効き方が甘くなってきてティッシュペーパーの量が増えてきました。2002年の4月頃から、このままでは一生引き摺りそうだと感じていました。  

5月の始にインターネットで松本医院の事を知り、だめでもともとという気持ちで訪ねました。先生に絶対治るからと励ましてもらって漢方薬を煎じて飲み始めました。経過を下記致します。                      

2001年8月始
 
 朝、目が醒めて暫く布団の中にいると突如、鼻水とクシャミが出てきて暫く止まらずティッシュペーパーの多用。毎朝食前後にまた十数分間止まらず。会社でも2〜3回同じような事が起こる。夜中に目が醒めたときは鼻ずまりに閉口。そのうち直るだろうと考えていたのですが、同じ状態が続く。
 

2001年9月下旬
 
 市内の耳鼻咽喉科医院へ行く。
 
   
2002年4月初旬

薬の効きも甘くなってきて、夜中目が醒めて来たときと、朝だけでなく、昼間もおこりだした。(1錠/1.5)
 
   
2002年5月始
 インターネットで、松本医院のことを知る。今までの薬を中止する。

2002年5月10日
 松本医院を訪れる。漢方薬を煎じてのみ始める。あまり抵抗なく飲める。

2002年5月17
 夜中に目が醒めて寝床の中で本を読んでいるときと、朝食の前後は相変わらずですが、昼間は出なくなった。

2002年5月24日
 夜中も朝もティッシュペーパーの使用量が半減した。

2002年5月31日
 ティッシュペーパーの使用量が更に半減した。(四分の一)
 

2002年6月12日
ティッシュペーパーの使用量が4〜5枚で鼻ずまりも無く自信が持て出した。この状態

が続いてくれる事を祈っています。
 

先生のO・Kが出るまで煎じ薬を飲み続けるつもりです。
ありがとうございました。