はじめに

アレルギー

膠原病

成人病

その他の症状

この手記を印刷する 論文『クローン病の完治の理論と証拠』を読む

「クローン病手記」

匿名希望 20歳 2011年6月7日

 

1.クローン病の発見と症状

 

 クローン病の症状が出始めたのは大学に入学したばかりのころだった。長時間の電車通学のためだと当時考えていた痔はみるみる成長していき、親にカミングアウトして痔の薬を使うようになってからも悪化していった、電車の椅子は針の筵である、座ろうものなら、あの電車特有の揺れにより、脂汗は止まることを知らないといった状態となる。大学の講義を受ける事すらきつくなるまで悪化した末、ついに耐えきれなくなり名古屋にある肛門科に赴くことになった、そこで痔ろうという衝撃的な宣告を受けることとなる。

 

 さらにその翌日には手術と入院という2重の衝撃を受ける。なおクローン病の名前を知ったのはこの時である。痔ろうがその典型的状態だったそうだ。とにかく早期発見できたのは幸運だった。その後内視鏡やバリウム(小腸を調べるため)の検査により正式にクローン病患者となる。

 

 先にも書いたように自分の場合かなり初期に見つかった痔ろうもまだ軽いほうで、現在では風邪などに罹ったとき少しばかり排便時に出血するだけであり、普段は意識することもほとんどない。下痢や腹痛もなく当時の検査で発見できたのは大腸には虫さされのほどの腫れ数か所と小腸と大腸の継ぎ目にあったほんの小さな潰瘍のみであった。

2.名古屋の病院にて

 「一生付き合っていかなければなりません」

 その“なりません”はゆっくりと咀嚼するにはあまりにも重い響きであり、私はそのままそれを受け入れることにした。この病気は難病とされ、治す手立てはないが、症状を抑える良い薬があると医者に言われ、レミケードの存在を知った、その時の自分にとってレミケードとは希望であった。薬を飲みレミケードを打って免疫を抑えれば心配はひとまずしなくて良いように思えた、このように単純な思考であった理由はある種の防衛である。

   

 病気のことを考えるということは、それによってもたらされる恐怖とも相対するということである、ねっとりとまとわりついて離れないような死の恐怖の大きさをじっくりと感じ取るということである。私はそれを拒絶した、そしてレミケードとは希望といえる代物ではないことも松本医院でようやく知るのだった。

   

 始めはペンタサを処方された。たいした副作用はないと言われていたのに、38度の熱が出た。風邪やインフルエンザとは全く違った感覚で、動悸や息切れの他に、肩の強い痛みと張りに苛んだそれを見た両親が松本医院を勧めてくれた。副作用が少ないと言われたペンタサでさえこの様子なのだから、レミケードを打つ前に東洋医学に賭けてみてはどうかということであった。

3.松本医院での治療

 

 正直に言えば,初めは信用していなかった。難病を治せるなら,その治療法が既にスタンダードとなっているべきで、クローン病は難病などとは呼ばれることはなくなっているはずだと考えていたためであった。また先述したように、病気について考えることそれ自体を拒否していたためであったかもしれない。このような状態なので、初診時には随分と叱られてしまった。私の場合はどちらかといえば叱られ慣れているので傷ついたということはなかったものの、かなり驚いた。

   

 とにもかくにもこのようにして治療は始まった。もちろんこんな青二才にも先生はちゃんと謝って下さったため、関係が悪いなどということは一切無い。むしろ自分の状態を鑑みる良い機会になったかもしれないと、何となく思うこともある。

   

 毎日飲むのは2種類の煎じ薬であった。1種は膿を外に出すもので、食前と寝る前の1日計4回飲む。もうひとつはクローン病に対しての食後に飲む薬で、1日計3回飲む。後者は苦かったが,苦味は襲来する前に5~10秒ほどのタイムラグがある。その間に口を軽くゆすぎ、砂糖を少し舐めれば何の問題も無い、安心だ。あとは頭痛などがでた時に飲むヘルペスの錠剤に加え、腕と足にできていたアトピー(全く痒くないのでそれまでアトピーだと思っていなかった)と 痔ろうの塗り薬を処方された。

   

 薬以外にはお灸がある。指定されたツボを毎日刺激するのだけれども、これが以外に気持ち良かったりする、興味がある方は様々なツボがあるので、1度試してみてはどうだろうか。

   

 実は最近自分は本当にクローン病なのだろうかと思うことがある。もともと下痢や腹痛はなかったが、痔のほうも痛みを感じることは少ない。血液検査もリンパ球が若干少ないだけで全て正常値である。思えば私は幸運だったクローン病の早期発見、頑なな息子を説得して連れてきてくれた両親の存在、松本医院での適切な治療どれかが欠けていたら今の自分は無かったかもしれない。そして,そのことに関して直接感謝するのは恥ずかしいので、ここに書いておこうと思う、本当にありがとう。

4.最後に

 自分にとってこの病は何なのだろう、人を憎み、組織に不満を持っていたことに対するしっぺ返しだろうか。あるいは自分自身の不甲斐なさを痛感したことに起因するのか。もちろん受験も無関係ではないだろう、ストレスと言われれば、20年の人生でも(発症したのは18歳だが)心当たりは山ほどある。     しかし一番の問題は私の未熟さであった、今にして思えば高校を辞めるなり、とことん対話するなり、解決する方法は幾らでもあった。対話したならば、互いに和解できた可能性もあった。しかし、そういったことを自覚できた点を考えれば,クローン病によって私は成長したということも言えるわけで、なんだか不思議な気持ちである.    私はクローン病患者といっても、痔で苦しんだだけである。この事実は早期に適切な治療することの重要性を物語っていると思う。多少疑ってしまうのは人間の性だからどうしようもないけれど、悩んでいるなら一度高槻市まで来てお話だけでも聞いてはいかがだろうか、なぜかと言えば、それはもちろん対話は大切だから。 この手記を印刷する 論文『クローン病の完治の理論と証拠』を読む

注目の手記・ブログ

「心と体(リウマチさん、ありがとう)」 安江 幸代 56歳

「クローン病完治まで」 小西竜二 32歳

かあさんくまさんの松本医院のアトピー治療ブログ
 (2人娘はアトピっ子。「絶対に治る!」という主治医のコトバを信じ、ステロイドや抗アレルギー剤を使わず、漢方治療をはじめました・・・)

漢方科 松本医院について

ホームページについて

 アレルギーは医学部の教科書には、現代の医学では治らないと書かれています。何故、一介の開業医である私は治すことができるのに他のお偉い方々は治らないとおっしゃるのでしょうか?いずれにしても、私が如何に大声をあげてアトピ-やリウマチが治るといっても変人扱いされるだけでしょうが、ここに証拠をお見せしましょう。ここで紹介される患者さんの手記は、巷に出ているノンフィクションの本よりも遙に感動的であり、今アトピ-や喘息やリウマチと戦いつつある患者さんの皆さんに大きな励ましとなるでしょう。このホームページを読めば、体の中で起こっている自然の正しい免疫反応を抑制してはいけないのに、見せかけだけを良くするために抑制して生じた薬害の後始末をすることが私の主な仕事となり、完治するのはアトピ-やリウマチだけではなく、同時に他のアレルギ-(アレルギー性鼻炎やアレルギー性気管支喘息やアレルギー性結膜炎)が全て消失してしまうのもお分かりになるでしょう。

 患者さんが経験された厳しい症状などについて医学的な意味付けが赤字でコメントしているものもありますから、私のアトピ-やリウマチの治療法がさらによく理解できると思います。何回も読み返してください。この記録から、ステロイド・抗アレルギー剤・抗ヒスタミン剤・抗炎症剤の免疫抑制剤が一時的に症状を良くしても、結局は見せかけの治療薬に過ぎないことが理解され、とりわけステロイドの乱用によりステロイド皮膚症になった人が、いかにステロイドから脱却し、最後はアトピーやリウマチを治しきってしまうこともお分かりになるでしょう。 

アトピー・リウマチをはじめ、全てのアレルギー・膠原病の治療において、一切ステロイドを使いません。

 それは、ステロイドをはじめとする免疫抑制剤を使っている限り、アトピー(アレルギー)やリウマチなどの膠原病はもとより、全ての病気を治すことができないからです。また、私は何も漢方で治しているのではなくて、正しくは漢方を使って免疫を上げて、患者の免疫を高め続けることによって、自分でクラススイッチをしたり免疫寛容を起こさせたりする手助けをしているだけなのです。漢方が治したり、私が治したりしているのでもなく、あくまでもあらゆる病気は自分の免疫で治しているのです。

漢方治療中(治療中でなくても)、市販の風邪薬は飲まないでください。

 市販で売られている、もしくは他医院で処方された風邪薬の中には、抗ヒスタミン剤や、抗アレルギー剤が含まれています。とりわけ、小児用の風邪薬の中には、必ず、ぺリアクチンという抗ヒスタミン剤が入っています。私のアトピーや花粉症の患者さんの治療が、なぜか長引いてしまうことが時にありました。この方々は風邪を引くたびに、このぺリアクチンの入った市販の薬を服用していた患者さんたちであることがわかりました。これらの風邪薬は、鼻水や鼻づまりなどの見かけの症状を取りながら、同時に、本来のアレルギーを抑制しています。風邪が治ったあと、必ずリバウンドが繰り返され、アトピーをはじめとするアレルギーやリウマチの完治が遅れますので、服用しないでください。

松本医院の「なぜ」

病気とは何でしょうか?

 病気とは、人体に不必要な異物が侵入してきたときにそれを排除しようとする正しい免疫の働きに見られる症状のことを病気だといえば一番わかりやすいでしょう。となれば、病気とは否定的に捉えるのではなくて肯定的に捉えるべきものではないでしょうか?つまり否定されるべきものは侵入してくる異物であり、病気そのものではないのです。言い換えると異物が人体に侵入しない限り、免疫の働きは行使される必要はないのです。この世から人体に必要な5大栄養素と水と空気以外の異物が存在しなければ、病気は絶対に起こらないのです。言い換えると、病気を起こす原因は人体に不必要な異物なのです。

 それでは異物には何があるでしょうか?2種類しかありません。ひとつは、病原細菌であり、ウイルスであります。これらはワクチンと抗生物質で征服されてしまいました。つまり、間単に殺すことができるようになったのです。このために人類の寿命は飛躍的に延びました。ふたつめは何でしょうか?まさに近代化学が作った化学物質であります。この化学物質が人体に侵入したときに、それを排除する免疫の働きの症状がアレルギーとなるのです。

アレルギーとは何でしょうか?

 アレルギーとは環境汚染物質を体内から排除する働きであります。何故アレルギーは増えたのでしょう?環境を汚染する農薬をはじめとする化学物質が極めて多く作り出されるようになったからです。実はリウマチもアレルギーのⅢ型であります。

膠原病とは何でしょうか?

 膠原病はアレルギーと同様、環境汚染物質という同じ敵を排除しようとしています。ただ、膠原病はIgG抗体を用い、アレルギーはIgE抗体を用います。つまり武器を変えて戦っているだけの違いなのです。

アレルギー・膠原病はなぜ治るのでしょうか?

 敵は無限に存在する化学物質や環境汚染物質であり、味方はアレルギーの場合は有限であるIgE抗体であり、リウマチの場合はIgG抗体やリウマチ関連抗体であります。排除しても無限に繰り返し入ってくる化学物質を永遠に排除することは不可能であり、有限は無限に絶対に勝つことはできないからです。ところが現代の医学は異物を排除しようとする免疫の働きを一時的に抑制するだけですから、IgE抗体やIgG抗体やリウマチ関連抗体が再び作り出されいたちごっこになり永遠に戦いが終わらないのです。従って免疫の働きを一切抑制せずにアレルギーの症状を楽にしてあげるだけで最後はIgE抗体やIgG抗体やリウマチ関連抗体が作られなくなるのです。これを発見したのは世界で私が初めてなのであります。これを自然後天的免疫寛容と名付けたのです。

リウマチの患者さんの家族の皆様に

 他医院で治療をされていない初期のリウマチは、「風邪よりも治すのが簡単である」と言っても過言ではありません。しかし、私の患者さんは当院に来られる前に間違った現代医学の免疫を抑制する治療を受けて来られる方がほとんどです。従って、私の治療を始めると、間違って受けてきた治療の度合いに応じて、多かれ少なかれ必ずリバウンドが出現し、それに伴い、痛みが増強します。大量のステロイドを注射されたり飲まされてきた人、長期に渡って他の病院でリウマチ治療を受けてきた人は、激しい痛みのために、自分自身の身の回りの世話が不可能になる事態もしばしば遭遇します。

 そのために、私の治療を受け続けるには、絶対に家族の協力が必要となります。ところが、遠方から来られる方や、お年寄りの方の中には、リウマチ治療の困難さを全く理解せずに、すぐにリウマチが治ると思って気軽に一人で受診される方がいます。実際の治療の困難さや、具体的な私の治療法、何より私自身を知ってもらうためにも、初診時には必ず家族の方と一緒に来て下さい。また、患者さんはもちろん、家族の方も私のホームページに記載されている理論とその証拠である手記を繰り返し読み、私の理論と治療法を理解してから来て下さい。

 また漢方薬だけでは絶対にリウマチを治すことは出来ないのです。他の免疫を上げる鍼・お灸・漢方風呂などを総動員して初めて徐々に免疫は回復し、上昇し、最後はクラススイッチし、自然後天的免疫寛容となるのです。

松本医院について

患者さんの手記を読む

リンクサイト