ヘルペスについて

 私が常々述べていますように、病気は、つまり自覚症状は、免疫と異物との戦いにおいてのみ生ずるものであります。頭痛にしろ吐き気にしろ身体のしんどさにしろ、全て神経に関わる自覚症状です。ということは神経で免疫が敵と戦っている症状であるわけです。しかもこのような症状は免疫が抑制されている交感神経優位の戦いの間に生じるのではなくて、副交感神経優位の免疫の復活において見られる症状であることが分かったのです。つまり元気になった免疫が神経に潜んでいるヘルペスを見出し、それを殺すために炎症、つまり病気が生じたのです。それでは神経にいつまでも巣食っている敵は何でしょうか?それは優れた現代免疫学に従えばヘルペスウイルス以外にありようがないのです。

   

 皆さん、めまい、耳鳴り、難聴を主な症状とするメニエール氏病をご存知でしょう。これはまさにストレスの後に免疫が回復し、内耳神経の支脈である前庭神経や蝸牛神経に潜んでいるヘルペスが免疫に攻撃されて炎症が起こり、メニエール氏病が起こるのです。それでは突発性難聴はどうして起こるのでしょうか?これもストレスがかかった後や、ハードワークを強いられた後や、睡眠不足があった後に起こるものです。何処でなぜ起こるのでしょうか?内耳神経の支脈である蝸牛神経に潜んでいるヘルペスを元気に回復した免疫が見つけ出し、殺そうとするために生じた炎症症状なのです。

 

 それでは現代の間違った耳鼻科の治療はどんなことをするでしょうか?まず彼らは原因不明といいます。しかもなぜだか分からないが疲れたりストレスがかかったり、睡眠不足のときに生じるといいます。つまり免疫が落ちたときに生じるといっているにもかかわらず、その治療たるやさらに免疫を傷つけ、免疫の働きを落とすために大量に点滴でステロイドを入れれば8割がた良くなるとのたまいます。免疫が落ちたために起こった病気の治療が、さらに免疫の働きを落とし込むというとんでもない論理的な大間違いをここでも医者たちは犯しています。この説明も治療も100%間違っているのです。正しくは、免疫が落ちたからメニエールや突発性難聴の症状が出たのではなくて、免疫が回復したからこそ免疫とヘルペスの戦いが始まったので症状が出たにもかかわらずまたまた嘘をついています。彼らの医学はまさに論理とは縁遠い算術医学です。彼らは本当に学問をやってきたのでしょうか?

   

 それではなぜステロイドを入れるのでしょうか?まさに免疫の働きを抑えるためです。こんな恐ろしいことを耳鼻科の医者たちは何十年もやってきたのです。なぜ恐ろしいことなのでしょうか?それは敵であるヘルペスウイルスがステロイド点滴で免疫を完璧に押さえられている間に、ますます増殖させているからです。まさに病気を作っているのです。しかしどうして症状は良くなり、患者は騙されるのでしょうか?もちろん免疫の戦いができなくなると症状はなくなるからコロリと患者は医者に騙されてしまうのです。こんな簡単な間違いも耳鼻科の医者たちは全く知らないのです。いや実は知らないのではないのです。知っているのです。知っているけれども嘘をつき続けなければ、彼らは製薬メーカーに支配された医薬業界という組織の中では生きていけないのです。ちょうど自己免疫疾患などという病気はないことは私だけが知っているのではないのと同じ図式です。私が世界で一番頭の良い男ではないのです。だって彼らのやっていることは論理的にも臨床的にも破綻していることは誰でも気がつくのです。このような小学生でも理解できる壮大な嘘は、いずれは明るみに出ることでしょう。

   

 それではなぜこのような嘘をつき続けるのでしょうか?これも私が答えを出しておきましょう。実はヘルペスと免疫の戦いにおいて見られる症状は、原因不明とされる症状のほとんどを占めているからです。私がヘルペスと診断して良くした症状の全てを思うままに書いておきましょう。

 

 頭痛、偏頭痛、顔面神経麻痺、三叉神経痛、耳鳴り、難聴、突発性難聴、熱性痙攣、めまい、立ちくらみ、吐き気、車酔い、船酔い、慢性疲労症候群、五十肩、四十肩、肩こり、首こり、倦怠感、口内炎、口唇炎、口角炎、しわがれ声、いつまでも続く喉の痛み、慢性的な喉の詰まり・違和感、寝汗、異常な汗かき、こむら返り、顎関節症、歯肉炎、歯周炎、筋肉の痙攣、目の結膜の痛み・違和感、目の奥の痛み、ブドウ膜炎、目の強膜炎、目の脈絡膜炎、虹彩炎、リウマチ性多発筋痛症の筋肉の痛み、線維筋痛症の筋肉の痛み、漢方で梅核気といわれる喉の詰まる症状、いわゆる自律神経失調症、熱の出ないあらゆる種類の腹痛、などなどでありますが、結局のところ人体のあらゆる神経に潜む力があるヘルペスウイルスと免疫が戦うときに見られる症状であり、いわゆる病気であります。

 

 あげれば全ての原因不明といわれる病気の全ては、ヘルペスと免疫との戦いに症状に過ぎないのです。ところがこのような症状が目に見えない免疫とヘルペスの戦いであることは医者が分からないといえば、100%隠蔽することができるのです。ましてや日本の医療は学会のボスたちによって支配されていますから、学会が黒を白と言えば白だし、白を黒と言えば黒であるという権威の世界ですから、真実は常に足蹴にされているのです。彼らが上に述べたような症状はヘルペスによるものだという事を認めない限り、原因は分からないままに続くのです。それでは私の特別な目だけにこのような因果関係が見えるのでしょうか?もちろん無理です。それではどうしてこのような症状がヘルペスであることを私が発見することができたのでしょうか?答えを下に書きましょう。

   

 私は20年以上もアレルギーのステロイド離脱によるリバウンド症状の全てを治してきました。その途上で無数の患者さんが“皮膚がピリピリする”“皮膚がヒリヒリして痛くて寝られない”“皮膚からリンパ液が出て寝られない”という症状の原因がヘルペスであることをまず知ったのです。この時に抗ヘルペス剤であるゾビラックスやベルクスロンなどを投与すると、その症状も消え去り、と同時に以上に述べた症状も消え去ることに気がついたのです。そのうちにアトピーでなくとも、以上の症状を持っている人も抗ヘルペス剤でよくなることに気がついたのです。しかも症状のきつい人は、単純ヘルペスや水痘帯状ヘルペスの抗体価を調べることによって、抗体価が高いという証拠も握ることができたからです。

   

 それではこのような症状はどうしてはびこっているのでしょうか?それは医者が出す薬の全てが免疫を抑える薬であるからです。痛み止め、解熱剤、ステロイド、プロトピック、高価な生物製剤などの全ての薬はヘルペスにとって最高の食事であるのです。このようなヘルペス天国を生み出したのは間違った現代医療の責任であると断罪せざるをえません。しかしながら、このような様々な原因不明の症状が生まれるのは医者や薬だけの責任ではないのです。現代という資本主義における大人の金と地位の取り合いや、子供の場合は受験勉強によるストレスが多くなったためです。ストレスに耐え、頑張り続け、戦い続け、さらに負けないために、また鬱にならないために、自分の副腎皮質でどんどん副腎皮質ホルモン、つまりステロイドホルモンを大量に出し続けざるをえないからです。自分で作ったステロイドで免疫を抑えている間、ヘルペスはあらゆる感覚神経に増殖し、はびこっていくのです。

   

 もちろんヘルペスウイルスは神経で増えるだけでは症状は出ません。症状が出るのは、ストレスが去り、その後に回復した免疫がヘルペスを見つけ出して戦いを始めだしたときに初めて症状が出現するのであります。実は免疫はヘルペスウイルスを殺しきることができないので、ヘルペスウイルスとの戦いは永遠に終わることはないのです。それはヘルペスウイルスは免疫が強くなばなるほど、神経の奥深くに退却をはじめて、ひっそりとあらゆる神経の神経節に身を潜めるからです。神経節に潜んだヘルペスウイルスは免疫には手が出せなくなるのです。ヘルペスはなんとずる賢いウイルスなのでしょうか。相手の弱みに付け込んで増殖は堂々と続けるのですが、相手の免疫が強くなればさっさと隠れ家に逃げてしまうというウイルスですから、エイズのウイルスとは違った意味でウイルスの王様といえます。まるでずる賢い人間のようです。

   

 最近ヘルペスウイルスの抗体価を調べたレセプトが大量に返されてきました。抗ヘルペス剤であるベルクスロンを投与しているので、その効果を確認する証拠を得るためにヘルペスの抗体価を調べているのですが、このような検査をする必要はないということで、レセプトが返され、私が検査代を払わざるをえなくなったので、保険医療のレセプトをチェックする支払基金にクレームを述べると、審査委員はにべもなく“医学会が認めていないから貴方の考えは間違っている”と書面で送り返してきました。この患者さんの長年の宿弊であった頭痛、肩こり、吐き気、身体のしんどさの原因がヘルペスであることが分かり、抗ヘルペス剤を投与することによって症状も取れてしまったにもかかわらず、その証拠となるヘルペスの抗体価を調べることを許さないのはなぜでしょうか?私は現代医学の間違いを理論と証拠でもって医学界に突きつけたいのですが、それをさせまいと彼らはしているのです。なぜならば現代の保険医療制度がヘルペスによる病気を増やしたことが分かってしまうので臭いものに蓋をしているのです。悲しいことです。

 

 皆さん、医学会は誰のためにあるのかご存知でしょうか?まさに製薬メーカーのためであり、患者さんの病気を治せないようにして永遠に薬を投与してお金を儲けるためであるとしか考えられません。だからこそ潰瘍性大腸炎やクローン病を特定疾患に指定し、治らないけれども患者の負担を0にして、タダという特権で患者を受診させ続け、結局は製薬メーカーと医者や病院が儲かるようにしているのです。怒りを感じませんか?この世に原因の分からない病気や治らない病気は何一つ存在しないのにもかかわらず、これらの病気を難病指定し、命の泉である免疫を傷つけ毒薬を投与し続け、新たなるヘルペス疾患を生み出しているというとんでもない事実に憤りを感じませんか?しかしこのような事実をさらに明らかにするために証拠を確認する必要があるのにもかかわらず、その検査をさせないのは、本当に残念なことです。過去も現在もヘルペスによる病気をどんどん治していますが、ヘルペスが良くなった手記も書いてもらうようにしますから、ご期待ください。