必要な薬: 抗生物質・抗ヘルペス剤・幼少期に必要なワクチン(インフルエンザワクチン・肺炎球菌ワクチンは不要)

 世界的に寿命が延びている理由は結局のところ世界的に感染症を封じ込めることができたからです。いろいろ寿命が延びた理由が挙げられます。栄養状態がよくなったとか衛生状態がよくなったとか上水道が完備したとか各国の国民の健康意識が高まったとか色々と言われますが帰するところは結局は全て免疫を上げることができるからです。この免疫の正常化は感染症に対して大きな貢献を果たすからです。

 この感染症の撲滅にさらに大きなヘルプをしているのは感染症になる前の予防薬であるワクチンの投与であります。ワクチンの投与はまさに免疫をすぐにあげるという仕事をしています。ウイスルや細菌に会えばたちどころにIgGを作ることができるのです。抗生物質は免疫の大きな仕事である殺菌作用を代わりにしてくれるものですから、まさに免疫を上げるどころか免疫の仕事そのものの代わりをしてくれているわけです。それ以外の薬はあまり意味がありません。

例えば成人病である糖尿病、高脂血症、肥満症、高血圧症、動脈硬化症による脳卒中や心筋梗塞は全て人間が勝手気ままに飲み食いした結果に過ぎないわけですから、本当の病気とは言えません。飲食欲という欲望に対して節度を持てば根本的に治ります。従って食べるな飲むなということを実践させるほうが高脂血症や糖尿病の薬を飲むよりもはるかに大切なのです。これらの病気は脂肪や血糖を落とす以上に飲み食いし続ければ絶対に治るわけではないのですから意味がありません。

 血圧に関しても自分の器量以上に努力したり求められ過ぎたりしてストレスを感じないためには心の諦めが必要です。この問題は生き方にも関るものですからそう簡単には血圧は下がるものではないでしょうから、あえて言えば、降圧剤も必要悪として飲む価値があるかもしれません。

 さらに精神病の薬について言えば、一番多い抗うつ剤というのはいわば精神に対するステロイド剤のようなものです。脳の働きを抑えて何も感じない何も考えないようにする薬ですから、ちょうど闇雲に免疫を抑制するステロイド剤と変わりありません。なぜかというといずれも病気の根本原因を除去するものではないからです。

近頃メタボリックシンドロームというような新しい病気を医学会は作り出そうとしています。これも根本治療は簡単です。食べ過ぎないようにすると同時に適度の運動をやれば簡単に治せる病気です。この病気も何もメタボリックシンドロームというようなかっこいい病名をつけなくとも過剰飲食過小運動病という名をつければ本質を示しているので治すことも簡単でしょうに。自分で治せる病気である上に長生きもさらにできるでしょうに。