潰瘍性大腸炎の完治の理論と根拠

 (クローン病は潰瘍性大腸炎が、より進展した病気ですから根本的には同じ膠原病であるので同じ理論となります。新たにクローン病の詳しい理論は書きつつあります。クローン病の方は『潰瘍性大腸炎』を『クローン病』と読み替えてください。また同じ膠原病であるリウマチの理論とも合わせて読んでください。)

 病気の原因は異物が人体に入り込むために生じます。原始以来、人類を苦しめてきたのは生きた異物であるウイルスや細菌であり、この戦いは感染症と呼ばれてきました。ところが、現在ではこのような生きた異物はワクチンと抗生物質で完全に征服されました。二つ目の病気の原因となる異物は死んだ異物、つまり文明が作り出した化学物質であります。これがいわゆる環境汚染物質といわれるものであり、これらの化学汚染物質が人体に侵入したときにアレルギーや膠原病を引き起こすのであります。今現在一番多い病気はこの化学物質との戦いに見られる病気であります。アレルギーと膠原病は同じ化学物質を敵として戦っているのですが、アレルギーの場合はIgEを武器とし、膠原病の場合はIgGを武器としているのは、もう既にあちこちで何回も繰り返し述べました。感染症の場合と違って、これらの死んだ無生物である化学物質との戦いは永遠に続くのではなくて、共存できるようになります。

まず、膠原病に用いられるIgG抗体を自然にクラススイッチして、アレルギーのIgE抗体に変え、最後に自然に後天的免疫寛容を起こせば治ってしまうことも既にリウマチの理論で述べています。潰瘍性大腸炎は、いわば『リウマチの大腸版』といえます。逆にリウマチは『潰瘍性大腸炎の関節版』とも言えます。結局、潰瘍性大腸炎を治す理論と実践は、リウマチの理論と実践を読んでもらえば全く同じだということが分かるでしょう。つまり、両者ともIgGを武器として、化学物質を排除しようとするのですが、その戦いの場所が違うだけなのです。それはちょうどアレルギー性鼻炎とアレルギー性結膜炎と喘息とは全く同じ病気であり、戦う場所が違うだけなのと同じなのです。ただ、潰瘍性大腸炎のIgGを用いる場所は大腸の粘膜の結合組織であり、リウマチの戦いの場所は関節の結合組織であるという違いがあるだけです。従って血液検査を行えば、潰瘍性大腸炎もリウマチも全く同じデータが出ます。

 潰瘍性大腸炎の治療の理論と、リウマチの治療の理論は全く同じであるのですが、症状が全く異なるので、改めて理論と治療の実際について書くことにしたのです。

具体的には潰瘍性大腸炎も症状が取れていくときに必ず多かれ少なかれアレルギー、つまりアトピーが出てきます。これもリウマチの治療経過と全く同じであります。血沈もCRPも全て改善していきます。いうまでもなく、潰瘍性大腸炎とリウマチとアトピーを同時に持っている患者も見受けられます。このような症例はIgG抗体を腸管や関節の結合組織で用いているのみならず、同時にクラススイッチしたB細胞がIgEを作り出して、これを皮膚で用いているのです。もちろん腹痛や軽い粘血便や下痢便程度の症状の患者さんは血沈やCRPやMMP3が正常であることもしばしばあります。

どうして潰瘍性大腸炎になるのでしょうか?本来アレルギーのIgEで除去すべき異物をIgGで処理しようとするのは、やはり免疫を抑えるからです。リウマチの場合にもよく見られますが、潰瘍性大腸炎の場合は特に強いストレスを受けた若い人達によく見られます。職場の人間関係や学業の不振や自己の才能に対する不信などの葛藤などが原因としては多いのです。

このような葛藤が過ぎて、うつ状態にならないためにストレスを回避するべく、視床下部はすばやくストレスを察知してCRH(コルティコトロピン・リリーシング・ホルモン)を放出し、下垂体にACTH(アドレノ・コルティコ・トロピン・ホルモン)を出させて、最後はACTHが副腎皮質ホルモンに命令をして、コルチゾールというステロイドホルモンを大量に作らせるのです。このような神経やホルモンのシステムをHPC系といいます。ストレスが続けば続くほど、このHPC系が活動し、ステロイドホルモンを作り続け、心の異物との戦いをやっている間は、肉体の異物との戦いを行う免疫系を一時的に抑制し、全てのエネルギーを心の異物に向けます。ところが四六時中、人間のHPC系は働き続けることが出来ず、睡眠時やホッとしたときに抑制されていた免疫系のリバウンド現象が出現し、免疫の働きが急激に高まります。アレルギーのIgEを作るには膠原病の抗体であるIgMやIgGを遺伝子学的に大量に作り出さざるを得ないので、作り出されたIgMやIgGが腸管で用いられると潰瘍性大腸炎となるのです。つまり、同じ死んだ異物をアレルギーですぐに出すべきものを、免疫を抑制されたためにIgMやIgGの膠原病の抗体を作ってしまうのです。ところがIgMやIgGは殺すべきウイルスや細菌に対して作られるものですが、殺す必要がない化学物質に対しては免疫を抑えない限りは必ずクラススイッチをしてIgEを作るようになっています。ですから免疫を抑えずにクラススイッチを待てばよいのですが、その間粘血便や下痢や腹痛を軽減する治療をしてあげれば、自然とアトピーが出てくるのです。

近頃、若い人はますます生きにくい時代となりました。成熟しきった日本の社会では、特に若者は未来に希望がなくなり、さらに生き抜く為に競争が激しくなり、まともな仕事にも就けなくなり、生きにくくなってしまいました。その為に強いストレスが若者の間に見られ、毎年5000人ずつ潰瘍性大腸炎が増えているといわれています。古代の中国人はまさに病気という言葉を上手に作り出しました。病気の意味は「気を病む」「気に病む」という意味ですが、この「気」は、ストレスであり、結局病気とは「ストレスに病む」というべきものです。「ストレスに病む」ことによって、免疫を抑制するなどとは古代の中国人は夢にも思わなかったでしょうが、当たっているのです。この意味においても、中国人が如何に優れた民族であるかがお分かりになるでしょう。免疫を刺激する漢方、鍼灸を編み出したのも中国人です。彼らは見えない免疫の働きをまさに直感で知りえたのです。中国人に対して敬服せざるを得ません。

従ってほとんどの潰瘍性大腸炎は「ストレス性・免疫抑制性・潰瘍性大腸炎」というべきものですから、これを治すためにはストレスを如何に受け入れるかという問題に帰着します。ストレスを回避するための唯一の方法は、自分の生活に関わる様々な事実を素直にあるがままに受け入れるしか道はないのです。一言で言えば、諦めることです。これは私自身にも当てはまることです。

さて、実際的な潰瘍性大腸炎の治療において大切なことがひとつあります。それは腸管からリンパ液、つまりいわゆる体液が漏出し、アルブミン不足になることです。それを補う必要があり、蛋白やアミノ酸を飲んでもらうことがあります。

最近、潰瘍性大腸炎とクローン病治りにくさにCMVが関連していることがわかってきました。

後日詳しく説明します。