新型コロナワクチンと自己決定権について(2022年3月21日のtwitterより転載)

当院のスタンスについて先のツイートコメントを見るとまだ勘違いしている人が多くおられるようなので再度お伝えします。私は「ワクチン打つなんてあり得ない。そんなこともわからず打っても良いか聞いてくるなど愚かだ」などということが言いたいわけではありません。そうではなく、「打つべきか否か、自分で考え自分で判断し自分で行動すべき」ということが言いたかったのです。答えが出るまで迷っても良い。知識のない自分に自信がないのもわかる。でも最終的な判断は他者に委ねるべきではない。ましてや会ったこともない赤の他人に聞くこと自体間違っています。

それは今回のワクチンに限った話ではありません。人生における全ての選択(大小ありますが)において言えることなのです。大袈裟な話に聞こえるかもしれませんが、自分の人生における選択を他者に委ねることほど愚かなことはないと私は思っています。なぜならそれは、自己決定権を放棄し自分の人生を他者に依存して生きていくということに他ならないからです。そんな人生は虚しいだけだし、自分自身に対する責任を放棄しているという点においても、人生における選択を他者に委ねるというのは、成熟した人間のやるべきことではないと私は思っています。そして「人生における選択(自己決定)」は、この時代の転換点においては今まで以上に重要になってきます。周囲と同じように生きていけば良かった時代ではなくなり、常識が非常識になってきているからです。ですから、自分で考えて判断・選択・行動し、それを自分の中で正解としていくべきです。

ワクチンの話に戻すと、当院では患者やフォロワーの皆さんには根拠を持って「今回のワクチンは危険だから打たない方が良い」と伝えてきましたし、今後もそのスタンスは変わらないと思います。しかし、それが絶対的に正しいと言うつもりもないですし、実際に打つかどうかを判断するのは自分自身です。そのための判断材料として当院からの情報を受け取ってくれたら良いというスタンスでこれまで発信してきましたし、今後もそのスタンスは崩しません。その点について、どうかフォロワーの皆さんにもしっかり理解しておいて欲しいと思います。

もちろん医療を提供する側として、医学的に判断の難しい内容が絡む情報発信には一定の責任が伴っていることは重々承知していますし、沢山の方がフォローしてくださっているアカウントですから、それだけ多くの人に情報発信によって少なからず影響を与えるであろうことも理解しているつもりです。

しかし、だからと言って例えばワクチンを迷っている人に単に「打つな」などと言うべきでもないと思っています。ましてや会って話もしたこともないような人に対して、打つかどうかを私が決めさせるような言い方は余計にしたくない。自分で情報を集めて、最終的には自分で判断して欲しいと思うからです。だからこそ、「打っても良いと思いますか?」というような質問が来た際には「自分で情報を集めて自分で判断して」と言うようにしています。当院の患者であれば、私が書いた資料をお渡しして読んでもらって、判断してもらっています。フォロワーさんならできれば過去ツイートを読んでもらいたい。

以上につき、皆様にはご理解いただければ幸いです。

新型コロナワクチンと自己決定権について(2022年3月21日のtwitterより転載)” に対して1件のコメントがあります。

  1. のりこ より:

    支配者の都合の良い社会で生きることが現実を生きる事ではない!
    自分がどうしたいかを考えること、自分が行きたい方向へ行くこと、
    他人と違っても良い!
    自分の感覚を判断を信じて生きたいです(*^^*)

のりこ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。