「自利即利他」の精神

 仏教には「自利利他」という教えがあり、「自利」=自らの悟りのために修行し努力すること、「利他」=他の人の救済のために尽くすこと、とされています。この二つを共に(同時に)完全に行うことが大乗仏教の理想とされています。

 古い言い伝えに、「天国と地獄の長い箸」というお話があります。
亡くなった人が地獄に行くと、長い箸で食事をすることを強いられますが、あまりにも長いために、食事をするのにたいへん苦労をします。必死に食べようとすればするほど上手く食べられず、失敗ばかりで痩せ細っていき、延々と飢えを感じながら苦しい思いをし続けなければならない。まさに地獄の様相です。
 一方で、天国に行った人たちも、地獄と同様の長い箸を使っているのですが、地獄の飢えて苦しんでいる人たちとは異なり、皆が楽しく食事をしています。そうです、実は天国の人たちは長い箸を使って、前にいる相手の口へ食べ物を入れてあげて、相手に自分の口へ食べ物を運んでもらう、という助け合いをしていたのです。

 この話からもわかるように、「自利即利他」とは、人のために何かをするのが良いという意味ではありません。他人のために行動すれば、自分の利益がいつか返ってくるというような打算的で浅はかな考えでもありません。
 
その真意は、「利他の実践がそのまま自分の幸せになる」ということです。

もちろん人は自我(エゴ)がある限り、誰しもが他人のためだけに生きることなどできません。ですから、「利他」のみで生きることは不可能です。また、自我(エゴ)のみを拡大させ、他者の権利や自由を踏みにじるような生き方では、最後には身を滅ぼすことになるでしょう。つまり、「自利」のみでも幸せにはなれません。

そうではなく、天国の長い箸のように、「自利」と「利他」を同時に行うことで、豊かで幸福な人生を送ることができる、というのが「自利(即)利他」の極意なのです。

 当院では、この「自利即利他」の精神の下、一人一人の患者に漢方薬をベースにした根本治療を提供すると同時に、多くの患者に来院してもらうことでより一層当院の理念や治療を発展させ、世に広めていきたいと考えております。
 少しでも当院に来られる患者のお力添えになることができればと考えておりますので、何とぞよろしくお願い申し上げます。

医療法人聖仁会 基本理念

当院では、来院される全ての患者に、以下の理念に沿った医療を提供することをお約束いたします。

聖仁会理念
1.漢方医学を駆使した医療:
できるだけ西洋医薬に頼らず、漢方薬を中心にした医療を提供します
2.患者主体の医
療:患者の自己決定権を重視しながら、できるだけ患者の希望に沿った医療を提供します
3.無差別・平等の医療:個々の患者の権利を尊重し、差別せず分け隔てのない平等な医療を提供します
4.安全・安心な医療:あらゆる患者から信頼していただけるような安全・安心な医療を提供します
5.医学的根拠のある医療:疫学的根拠や基礎医学的根拠に基づいた、科学的・医学的エビデンスのある医療を提供します

当院では以上の理念を遵守し、その場しのぎの”対症療法”に終始するのではなく、根本原因にアプローチした”原因療法”・”根本治療”を目指して努力し続けたいと考えております。

ロゴの意味について

 古代中国の学問体系の一つに「易経」というものがあります。これは宇宙・世界・自然・人生などの諸原理を説いたもので、儒教の経典にもなっています。「易経」では、「全ての事象は陰と陽でできている」と考えられており、これが「易経」を貫く根本思想となっています。
 一見相反する「陰」と「陽」は渾然一体となって「太極」を形成し、万物生成の根本エネルギーとなっている、と「易経」では考えます。「太極」とは、まさに古代中国の宇宙観・生命観であり、当院のロゴにも使用している「陰陽太極図」は、「陰と陽に分化する以前の未分化の状態で、陰と陽が互いに揺れ動いている」様を表現しています。この太極図からもわかるように、「陰」と「陽」は混沌としている状態で、単に二極化した事象を現しているわけではありません。つまり、易経にも述べられている「盈(み)つれば欠くる」という言葉通り、「万物は流転を繰り返し、一つの極地から他の極地を廻る」ということです。
 我々もこのような生命観・人生観に則って日々の漢方診療に臨みたいという思いで、よりダイナミックでわかりやすい配色の「陰陽太極図」をロゴに採用いたしました。

院長紹介・挨拶

氏名松本 有史(まつもと ゆうし)


プロフィール
2011年 関西医科大学卒業
2011年〜2013年 済生会京都府病院にて前期研修修了
2013年〜2015年 医療法人聖仁会松本医院 副院長(当時)として慢性疾患の漢方治療に従事
2015年〜2019年 大阪大学大学院医学部医学研究科(微生物病研究所)にて免疫学の基礎研究に従事(博士課程)
2019年5月 医療法人聖仁会松本医院 理事長兼院長就任

ご挨拶
 アレルギー・アトピー、膠原病・自己免疫疾患、糖尿病・高血圧・脂質異常症などの生活習慣病、そしてガン。これらの慢性疾患は全て現代病とでも言えるものであり、もともと自然界にはほとんど存在していないものです。では、これらの病気はなぜこの現代においてこれほどまで我々の間で蔓延し、多くの人々を苦しませているのでしょうか?
 その答えは、まさに我々の「生活習慣」「生活環境」にあります。我々が生きる現代社会は、産業革命やIT革命などを通じてこの数百年の間に劇的に利便性は高まりましたが、大気汚染・土壌汚染・海洋汚染などは徐々に進行し、効率を求める社会システムの中で我々にのしかかるストレスレベルは以前とは比べものにならないほど高まっています。つまり、現代社会に生きる我々が慣れ親しんでいる生活習慣・環境そのものが劣悪であるために、上に列挙した慢性疾患を生み出している、ということです。そして、それらの病気の基礎研究や臨床研究は、日夜世界中の研究機関・医療機関で行われていますが、そのほとんどが病気に関連するとされる遺伝子に関する枝葉末節の研究ばかりであり、開発される薬剤や治療方法もほとんどが対症療法(症状を抑えたり、見かけを良くすること)に終始しています。これはすなわち、上記疾患の専門家たちは本当の問題である我々現代人が置かれている生活習慣や環境には目を向けず、ライフスタイルを改善することによって根本治療を目指そうとはほとんど考えていないということに他なりません。これは一体なぜなのか?その答えは、このホームページを訪れてくださったみなさまにもぜひ真剣に考えてみて欲しいと思います。
とにかく、「生活習慣」や「生活環境」を改善させることなしには、現代病であるこれら慢性疾患の根本治療はあり得ないのだということをここで強調しておきたいと思います。

 さて、当院は開設当初より、主に慢性化・重症化したアトピー性皮膚炎患者や喘息患者に対して専ら漢方治療を施すクリニックとして始まりました。前院長の「自分の病気は自分の(自己治癒)力で治すもの」という信念の下、アトピー性皮膚炎や気管支喘息などのアレルギー疾患、関節リウマチをはじめとする膠原病や自己免疫疾患といった難治性疾患に対しても、できるだけ現代医療に頼らず、漢方をベースに治療を続けることで改善・寛解・根治に導けることを見出し、30年の永きに渡り、あらゆる慢性疾患や難病に対する治療実績をあげ、発展して参りました。その前院長が築いてこられた伝統を引き継ぎ、ステロイドホルモン剤やその他の対症療法でしかない西洋医薬はできるだけ使用せず、漢方治療を主軸に置いたホリスティックな医療を提供し続けられるようさらに発展・進化していきたいと考えております。また、先述した「生活習慣」や「生活環境」にも目を向け、衣・食・住環境から睡眠・運動まで含めた我々のライフスタイル全体を包括的に見直すことにより、あらゆる慢性疾患の根本治療に向けた方法論を患者に提供していければと考えています。そして来院された患者が一人でも多く健康で豊かな生活を取り戻すことができれば、私にとってこれ以上の喜びはありません。

院内紹介

受付