「生きづらい病」なる病気について(facebookより転載 2019-5-14)

おはようございます。
本日も当院は9時半から診療開始になっております。

さて、先日日刊SPAに「生きづらい病」なる病気についての記事が掲載されておりましたが、皆さんはご存知でしょうか?
この記事によれば、30~55歳までの男女2000人を対象にしたアンケート調査で、64.5%の人が生きづらいと感じているとの結果が出たそうで、「もはやこれは現代病」だと結論づけています。

もちろんそんな病気は存在しません・・・。

しかしながら、この記事中にも書かれているように現代人は「ストレス」だらけの中で生きていますので、どうしても病気になりやすい”場”が作られてしまっている、ということがあります。

ですから、この状態を根本的に改善するためには、現代医療の投薬などではなく、やはりライフスタイルの全般的な改善をしていく必要があり、その方法の説明や指導をすることこそ我々医療者にとって最も必要なことと私は考えています。
しかしそういう病院は本当に数少ないのが現状です。

当院に来院される患者には、院長自らが生活指導を含めてライフスタイル全般の改善、最終的には慢性疾患の根本治療に至る方法論をきっちり説明いたします!

どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です