当院の今後の目標について(facebookより転載 2019-12-29)

まず最大の目標としては、できれば一年以内に当院専用のオンラインサロンを作成したいと考えています。オンラインサロンを作る目的としては、

「松本医院の患者が中心となって、自由に意見交換・情報交換・物々交換ができるコミュニティを作る(もちろん会員制)」

ということです。そして今の時点では、私はそのコミュニティがすべきことは、だいたい以下のようになると考えています。

1. 漢方治療以外の補完・代替医療を紹介し合える
2. 標準治療でも、患者の意見を尊重できる病院を紹介し合える
3. 「自分はこうして治した」という体験談を語り合える
4. 上記以外でも、コミュニティ内で有益な情報を交換し合える
5. 無肥料・無農薬にこだわったハチミツ・果物・野菜などを販売する業者にも所属してもらい、コミュニティ内でサービスを展開してもらう(販売・流通、セミナー開催など)
6. 当院で企画するセミナーや交流会、その他イベントに自由に参加することができる

重要なことは、上記のようなサービスを松本医院が中心となって行うのではない、ということです。
そうではなく、コミュニティに所属する各個人が中心となって様々なサービスを展開していけるようにすることが当院のオンラインサロンの最終目標です。

ではなぜ私がこのようなオンラインサロンを開設しようと考えたか?

それは、当院専用のオンラインサロンを作れば、ある程度同じ価値観を持った人たちが集まるコミュニティができ、そのコミュニティ内で意見交換をすることで、様々なことに対して、本当に自分がしたい選択を自由にすることができるようになると考えたからです。

例えば、食に関してみてみれば、現在「遺伝子編集(Gene editing)」技術を応用して作成された食品が米国ではすでに流通していますが、ここ日本でも認可され、近く販売されることになりました。

遺伝子組み換え作物(GMO)だけでなく、このような遺伝子編集作物も安全性を危惧する専門家が世界中で警鐘を鳴らしているにも関わらず、食品業界は何の躊躇もなく、各国政府に対して激しいロビー活動をすることにより、流通させようとしています。

このような「不自然な食べ物」は食べたくないと考えている人たちが、本当に自由に食物を選択をするためにも、同じような考え方をする人たち(明らかにマイナーな人たち)が集まって情報交換できるコミュニティがあれば、非常に有益だと思います。

それこそが私がオンラインサロンを作りたい最大の理由です。

食だけではなく、医療・介護、住宅、衣服、その他生活にまつわるあらゆることに関して、自由に意見交換・情報交換し、自分の意志で自由に選択・決定できる。
これこそ真に自由な社会への第一歩だと思います。

大企業と政府と大衆が結託して形成された大量消費社会の一方的な情報に頼っているだけでは、自由な選択など何もできようはずがありません。

以上が当院最大の目標であるオンラインサロン開設についての話でした。

その他の目標ですが、当院の漢方治療に関しては、より一層専門的な知識を身に着けるため、中医師免許取得を目指します。これはできれば来年度までに取得したいと考えています。

また、漢方治療のエビデンスを作っていくため、まずは当院の気管支喘息の患者の観察研究を行い、論文にまとめます。これはできれば2年以内にまとめたいと思います。

さらに、食事に関するパンフレット作りを徐々にしてまいりましたが、これは書籍化して患者向けに自費出版して販売していければと考えております。これに関しては1年〜2年以内にまとめられればと考えております。

以上、当院の目標でしたが、やりたいことがありすぎて、なかなかまとめられずにいます。
とりあえずオンラインサロン開設を当面の最優先目標にすえてやっていきたいと考えています。

ちなみに、このページ上での情報発信もしっかり続けていきたいと思います。

「必須脂肪酸を切る」シリーズは第6弾である前回の「脂質過酸化反応」の話で一旦中断いたします。

来年より再開いたしますので、よろしくお願いします。

年明けからの「必須脂肪酸を切る」シリーズ第7弾は、「プーファの空気酸化(自動酸化)」からスタートです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です