院長ブログ記事『新型コロナ遺伝子ワクチンの危険性と、当院の対応について』の掲載取りやめについて

いきなりではありますが、わけあって当院のHP(院長ブログ)に掲載しておりました「新型コロナ遺伝子ワクチンの危険性とその対応について」の当院患者への周知文書について、HP上での掲載を取りやめる運びとなりました。その理由と経緯についてここで少しお話ししておこうと思います。
 
HP上での掲載を取りやめることとなった理由は、一部確実な科学的根拠に欠けている部分があることを指摘されたからです。具体的には「ワクチン接種者の体内で合成された新たな配列が、『エクソソーム』という小粒子になって水平伝搬することにより、新たな感染を広げる可能性がある」という部分です。
この部分に関しては、疑念を感じた方も多かったようで、何人かの方に同部分に対する問い合わせを(ブログ上のコメント欄や直接の電話で)いただいておりました。その中には「科学的な根拠がないことを書いてありもしないワクチンの危険を煽るのは間違っている」という指摘もありました。
 
そしてこれは予想だにしていなかったことではありますが、免疫学の基礎研究をしていらっしゃる方(学会ではかなり重鎮の方です)も当院のHPから文書をご覧になられたらしく、その方からも間接的に同様のご指摘をいただき、要約すると「科学的根拠のない文章の公開を差し控えるべき。貴院の文書がワクチン反対派の間でかなり拡散されている。今後免疫学会としてもこのことを重く受け止め、反論していく」とする旨の通知をいただきました。
 
公式に当院の周知文書が免疫学会にまで取り上げられ、多くの研究者の反論の対象とされることになれば、その文章だけではなく、多くの疾患に対して標準治療をしていない当院の診療内容自体も批判の対象になる可能性は十分にありえます(というか、ただでさえ標準治療をしていないことで理解してもらえない病院が多いので、おそらくそうなるでしょう)。ですから、当院としてはこのことを重く受け止め、この度周知文書自体をHP上から削除するという判断に至りました。
多くの方にシェアしていただき、たくさんの方にお読みいただいていたのにこのような結果になってしまい、当院としても非常に残念ではありますが、何卒ご理解のほどいただければと思っております。シェアなどしていただいていた方々にはこの場を借りてお詫び申し上げます。
 
当院としては今回のような事態になることを予想できていなかったことを深く反省し、思っているより社会に対する影響力が大きいことを思い知りました。当院では今回のことを受けて深く反省し、不正確な根拠のない情報は、今までよりさらに吟味した上で情報公開していくことに努めて参りたいと思います。
ただし、「接種者から放出されたエキソソーム(遺伝子を含んだ小胞)が感染を引き起こす可能性」は、今のところ科学的根拠を示すには至っていませんが、それ以外の部分に関しては、正しい内容であったと自負しております。それだけでもワクチン接種を控えるべき大きな理由にはなると考えております。
ですから、文書自体は削除いたしましたが、今後も当院の患者には当院からの情報提供として、周知文書を配布することは続けていこうと考えています。以上につき当院の患者各位、そして当院ページのフォロワーの皆様にはご理解賜り、今後ともご指導ご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。
 
医療法人聖仁会松本医院 院長 松本有史 拝

院長ブログ記事『新型コロナ遺伝子ワクチンの危険性と、当院の対応について』の掲載取りやめについて” に対して1件のコメントがあります。

  1. 吉田 より:

    松本先生

    一部削除が必要な部分を削除した上で、改めて、先生の見解として再掲して
    頂くことを強く希望します。

    吉田

  2. 太田尚宏 より:

    その研究者の方はNHKが科学的根拠のないことを垂れ流していることに抗議したのでしょうか?
    エクソソームに関しても全く根拠がないわけではなくそういう可能性があることは確かです。実際に、それについて主張している別の研究者もいます。
    しかしNHKは可能性がない根拠ないことやPCR陽性者が感染者であるという間違いを垂れ流し続けています。

    ひどいですね。

  3. 藤本優子 より:

    院長のご誠実さ、医療者としての在り方、なおのこと信頼できる医師であると敬意を表します。
    悪意なき誤謬ですので全く恐れることもなく、これまでどおりご自身らしく歩んでいかれますようにお祈りします。感謝を込めて。

  4. 八島 より:

    エクソソームに関しては既に化粧品の分野で使用されており、何らかの干渉が生じることは事実であると思います。いずれにしても勇気あるご対応ありがとうございます。

  5. 芝ひろみ より:

    正しいことを発信してくださる専門家が減るのは残念です。
    根拠が明らかでない部分については、その旨但し書きを入れる、もしくは、削除し、根拠もある正しいことは、これからも発信お願いします。

  6. 大山 司 より:

    確かに、ワクチン粒子の体内動態については、科学的根拠が得られていない言説を掲載する上で慎重さが必要なのかもしれません。一方で、今回のコロナワクチンを推進する側も、スパイク蛋白質がどのような動態を取るのかについての科学的なデータを提示していません。さらに、今まで免疫原性が低いという短所から、ことごとく失敗していた mRNAワクチンであるにも拘らず、今回いきなり 1年程度という短期間で強い免疫原性を持つ mRNAワクチンが開発されたことに関して、科学的裏付けは示されていません。抗体の誘導率が高いことが統計的に示されただけです。ですから、今回のコロナワクチンの危険性を示唆する統計的データを示すことには問題はないと考えます。私は、現時点では今回のコロナワクチンを危険なものとして扱うべきとの考えです。ただし、先生に問題のある部分を削除して再掲載することを要望するつもりで書いた訳ではありませんので、悪しからずご了承下さい。

  7. 飛世真博 より:

    僕は貴方の勇気ある行動を支持して尊敬します。

    どうか同調圧力や利権屋に屈せずにいてください。

    ワクチンでもない劇薬の人体実験に加担した奴らはいつか戦争犯罪者として裁かれると信じています。

  8. 高橋宏子 より:

    先生‼️ありがとうございます。

    日本では、マスコミも、専門家を称する方々も、
    なかなかですね。。。

    御苦労お察しします。

    天は見てますから、どうぞ、これからも
    お元気で、
    先生の、ご意見を、堂々と書いてください。

    今こそ、我々一般人が、目覚めで行動する時だと思っております。

  9. 池本 より:

    松本先生の勇気と、誠意のある行動に
    敬意を評します。
    どうか、圧力に負けないください。
    先生が正しいと思われる情報を、いち早く
    取り上げてくださる事を心から願います。
    公開されている情報があまりにも少ないのに、
    一般市民は何を信じて良いかわからなくなっています。
    これからも発信をお願いいたします。

  10. 皆川 より:

    多分こうなる、という予想の元に安全確認を一つもしていない飛行機に乗せているような今回のワクチン。
    空高く飛んでしまってから、エンジンの不具合が見つかっても降りることは出来ません。

    科学的に証明されることも大切でしょうが、それよりも、リスクとして危ない事を先に知らせて欲しいのです。証明されてからでは遅すぎませんか?

    責められるのはウイルスの存在さえ証明できずにワクチンを作っている科学者達です。
    リスクを伝えてくれている先生たちではありません。

    先生の情報で沢山の人達が救われています。私もです。

    心から感謝しています。

    キチンと情報を伝えてくださってありがとうございます。

  11. 緑橋 より:

    いつも情報発信、ありがとうございます。
    メディアは、治験が終わっていない、動物実験のデータもちゃんと公表していない、史上初のmRNAワクチンを絶賛人体実験中であり今後どのような副作用が長期的にあるかわからないワクチンのデメリットをほとんど言わず、安全だから打て打てと無責任な事ばかり言っており、そちらの方がよっぽど、科学的根拠がないと思います。
    メディアが全く信用できない中、先生のような誠実なお医者さまがいる事は本当に救いです。
    ワクチンの危険性を指摘すれば圧力があるかもしれませんが、、これからも何卒情報発信お願いいたします。

  12. れもん より:

    初めまして。
    以前、先生が掲載されていた文章を拝見した者です。
    明らかにリスクの高いワクチンを接種する病院が多い中、患者さん思いの良心的な発言に感動しました。
    近かったら是非、貴院にかかりたいと思いました。
    接種している病院は信用できず、これからどこにかかったらいいのかと思っております。
    同じように思っている人は多いと思います。
    貴重な情報発信、ありがとうございました。

  13. ロン より:

    先生、頑張りましたよ!
    自院の身の安全とクリニックに通っている患者さんのためにこれ以上はこの件には関わらない方が良いでしょう。
    科学において正しいことなどその時代の流行りのような物で、後世の研究を待たないと真実はわからない物である事は歴史が物語っています。
    今回のコロナワクチン接種でひどい後遺症に苦しむ患者さんが出ないことを祈るばかりです。

  14. 野田順一 より:

    そもそもワクチンの安全性の立証責任は、製薬会社に課せられている筈です。急性の安全性も晩発的な安全性の立証責任もすべて製薬会社にあります。
    このような責任関係の大原則を踏まえて考えれば、松本院長のように免疫学の博士号をもつ見識を有する人が今回のワクチンが「エキソソーム(遺伝子を含んだ小胞)が感染を引き起こす可能性」があると危険を察知し、その見解をHP上に公開したとしても、それ自体、私のような一般国民はワクチンの危険性の一面を知る機会を得て、極めて有益な情報です。
    ところが、松本院長の見解に対し免疫学会が「科学的な根拠を求めている」こと自体、立証責任の主客を転倒してしまっていて、結果的に製薬会社の重大な立証責任を放免する片棒の手先になってしまっています。免疫学会が松本院長にその様な指摘をするくらいなら、むしろ免疫学会の側において「ワクチン接種をしてもエキソソームを引き起こす可能性はなく、安全であるという科学的根拠を示す」ことこそ、本来の免疫学会のあり方の筈です。免疫学会は尺度が狂っているとしか思えません。
    (元司法書士)

  15. h.f より:

    誠実なご対応と思います
    人間、全てが完全に間違わない事はありませんので
    情報を受ける側も多少の不確定さも込みで自分で調べ
    糧にするべきと思います
    しかも先生は今回、しっかりと不確定部分についても
    ご説明されました
    とても誠実な方だと感じました
    多くのマスコミ始め、専門家、言論人の
    責任感の無い情報より
    先生の言葉のほうがよほど信頼出来ます
    これからも先生の意思を大切に
    ご活躍頂ければと思います

  16. Twinkle より:

    残念ではありますが、改めて考えなおす、問いただすきっかけになった人が多かったと思います。
    (我が家がそうでした!)

    ぜひまた、忖度のない院長先生の考えを発信してください!

  17. 平野礼子 より:

    rife-onlineより、こちらのHP初めて知りました。多くの方に拡散されることを願います。

  18. 中田 より:

    ワクチンで沢山人が死んてる。フランスでは12000人亡くなって集団訴訟中です。
    その事実をなぜ報道機関は伝えないのでしょう?
    自分の保身ばかり考えてばかりの人の世界なんてなんの価値もないですね。
    先生こそ本物の先生。

  19. 高田 より:

    院長さまもどこかで読んで学ばれたのですね。
    ワクチンはとても危険ですが、科学的根拠がどうとかより、ツイッターもされていて有名で影響力のある医者が本当の事を伝えてしまうと、推進派にとってはまずくて都合が悪いというのはありますね。

    私の友人の知人もワクチンを接種してから、すぐに亡くなったと連絡がありましたし、ツイッターで知人が亡くなった話は沢山書いてありますし、厚労省の発表でも196人の死者がいますし、重篤な方も千人前後いて苦しんでいますし、ワクチンが危険であることは間違いないです。

    ワクチンを推進している人に狙われるとまずいので、内海聡先生のようにクリニックのHPではなくて自分のブログを別に設置して、そこで意見を書くのが良さそうですね。

    あと半年、一年もしたら、被害者が更に増えたことで新型コロナワクチンの研究も進み、真実が明らかになると思いますので、気持ちを明るく持ってくださいね。

  20. 小倉志郎 より:

    掲載された元の文章にも掲載をやめた理由説明の文章にも、松本院長の誠実さが溢れていました。人間の健康や病気のメカニズムに関してはまだまだわからないことが沢山あるはずです。科学的に証明されているかいないかも大事なことかもしれませんが、たとえ仮説であっても、健康維持のために役に立つと思われる考え方はどんどんと発信してくださるようお願いします。

  21. 生田 聰 より:

    >接種者から放出されたエキソソーム(遺伝子が感染を引き起こす可能性」は、今のところ科学的根拠を示すには至っていませんが、それ以外の部分に関しては、正しい内容であったと自負しております。それだけでもワクチン接種を控えるべき大きな理由にはなると考えております。

    お願いします!再度あのテキストをアップして下さい!

    指摘を受けた部分の是非を議論しているときではないと思いますので、その部分を削除し、再度、あのテキストを発信して下さい!

    大切なのはワクチン接種を避けることが生命倫理を守ることに繋がるということを知ることではないでしょうか?

    なにかとワクチン接種の是非と政治的意見、立場を混乱している方々が双方にいて“まともな”コメントが少ない中、あのテキストからは勇気をいただけました!
    関係所管との関係鑑み、説得力変わるかもしれませんが、なにとぞお願いします!

  22. 韓朋広 より:

    科学的根拠がないというなら、治験の終わっていないワクチンを安全という科学的根拠もないはずです。
    死亡率も少ないウィルスに、未知の遺伝子ワクチンを打ってはいけないと思います。

    陰ながら応援しております。

  23. 村田 より:

    勇気ある情報発信に感謝します。
    ワクチン接種直後倒れた知人がいます。多くの人に副反応が出ているのに、TVでは、不思議なくらいワクチンのデメリットは発信されないばかりか、副反応が出ても接種のメリットの方が大きいとか、早く接種しなければと煽ることばかりで不信感を募らせていました。そんな時に先生のブログを拝見し納得がいきました。でも、もしかして圧力がかかるのではと心配しておりました。今、それが現実となり残念かつ悔しくてしかたありません。どうか先生ご自身が免疫力を落とされぬよう負けないでご活躍ください。応援しています。(ちなみに知人は、2回目接種は怖くて打てないそうです。これは普通の感覚だと思います)

  24. わんこいん より:

    初めまして、
    宮城歯科医院のまーてる先生のYoutubeのご紹介から辿ってここにお邪魔しました。
    ですが、暗躍すら疑われる政府・利権関連の圧力の下、
    院長の同記事掲載の無念の削除の知らせを見てとても残念に思ってます。
    「モルモットになるな」響きました。
    これを強く強く、まだまだ、もっともっと世に発信し続けて下さい。
    正義が潰される。あってはならない事です。
    私も院長のお考えを反芻し、強い意志を持って戦いたいと思っています。

    これからのご活躍を祈念しています。

  25. hiroyama より:

    免疫学会からワクチン接種と副反応の出現との関連性を科学的根拠を挙げて説明せよと言われても、一個人たる医師がそう簡単にできることではない。そもそも、そういうことは、国民の命と健康に責任を持つべき厚労省がやるべき調査研究作業です。その厚労省が進んでやろうとしないなら、厚労省に対してそれをやるように私たち国民が声を挙げてゆこうではありませんか。医師、看護師、歯科医、学者、および一般人でワクチン接種に反対する人々が一つに結集することが今喫緊の課題であると考えます。

  26. 石橋 麻子 より:

    新型コロナワクチン接種後死亡 累計196名(6月9日厚労省HPでの報告)

    死亡者全員の死因が評価不能と記されたままです。
    原因が、ワクチンかも知れないし、ワクチンでは無いかも知れない。

    解らないまま、国民への接種は続けられています。
    解らないまま。接種し続ける現実。恐ろしいことです。

    普通の感覚からすれば、死因が判明してからでないと「自分は接種しない」との
    判断になりそうなものなのに・・・・

    何故か「急げ!急げ!」と、国民は接種会場に向かっていますよね。
    多くの人は「私の様には考えない」と言う事なのでしょうか?

    ワクチンの「特例承認」って怖いですよね。

  27. 妻鳥 博江 より:

    松本先生がおっしゃられた文書が、私が今まで知り得た様々な警告を全て要約してくださっていたので、削除により、先生の見解が世に知らされない事が残念で仕方ありません。
    今や、これから日本を築いていく優秀な大学の学生までも接種する事になり、いてもたってもいられない気持ちです。
    ワクチンに対しての情報が世界で明らかになってきているのに、日本はそれらの情報が遅れており、その間に接種がたたみ込むように進めているように感じます。
    先生の見解に賛同する者にとっては、やりきれません。

  28. 近藤昌仁 より:

    先生圧力に負けないでください。というかもうほっときません?マスクしようが消毒しようがワクチン打とうが我々には関係ありません。現にどこかの国のトップは栄養注射したみたいですし。治験とか言ってましたし。

  29. 北村隆憲 より:

    先ほどコメントでワクチンについてのご意見を求めたものです。コレステロール関連から読んでいましたので,つい最近のブログでまさにコロナワクチンについて発信されていたことを今知りました。失礼いたしました。皆さん書かれているように,ぜひ,指摘などがあった部分についてはその旨注記されたうえで,再度アップされることを勝手ながら希望いたします。今後ともたいへん重要な情報のご発信を期待します。北村

  30. 北村 より:

    私は素人ですが,以下の方はファイザーのアメリカの治験の英文計画書を中立的に解説しておられますが,そこで,エキソソームによる妊婦などの暴露の際にはファイザーに連絡すべし,とのことが書かれているとのことです。したがって,それが感染を引き起こすか否かが科学的に証明されていないとしても,ファイザー自身がそのような感染の可能性を十分に承知していることの客観的な証拠となるのではないかと想像します。的外れな指摘でしたらお許しください。

    https://video.fc2.com/content/20210620YTp6taDQ

  31. さとう より:

    お忙しい中問い合わせの電話失礼いたしました。
    今後貴院のような素晴らしい病院が栄えることを心から願ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です